勃起不全の治療薬として処方される薬とタダリス

タダリスはタダラフィルが主成分

タダリスは、シアリスと同じたタダラフィルが主成分です。
タダラフィルは、陰茎の勃起を抑えるPDE5という酵素を阻害します。
作用時間が長く、食事の影響を受けず、長時間の安定した効果が期待できるため、多くの利用者がいます。
タダリスは、シアリスと同様に1日1回服用します。
次に薬を服用するまでの間隔は24時間以上必要です。
タダリスは、作用時間が長いのが大きな特長ですが、効果が出るまでに1時間から2時間ほどかかります。
主成分であるタダラフィルは、水に溶けないという性質があります。
そのため、効果が出るのに時間がかかってしまうのです。
薬の効き目は個人差があるものですが、タダリスは効果が出るまでの時間が人によってかなり違うことで有名です。
勃起不全の治療薬の中で、食事の影響を最も受けない薬としても知られています。
食事をする前の空腹時に服用すると、体内に吸収されやすいため、効果を発揮しやすくなります。
勃起不全だけでなく、他にも病気を抱えており、薬を服用している場合は、医師に相談して服用が可能かどうか確認した方が安心です。

シアリスジェネリックの中で話題のタダリス : タダリスはタダラフィルが主成分 : 用量と用法は正しく守って服用しないと危険!